不景気.com > 海外リストラ > トヨタがGMとの合弁会社「NUMMI」から撤退し清算へ、倒産影響

トヨタがGMとの合弁会社「NUMMI」から撤退し清算へ、倒産影響

トヨタがGMとの合弁会社「NUMMI」から撤退し清算へ、倒産影響

トヨタは、破産法を申請し倒産したGMとの合弁会社「NUMMI」から撤退し、会社清算する意向であることが各紙報道で明らかになりました。

カリフォルニア州に本拠を置くニュー・ユナイテッド・モーター・マニファクチャリング、通称「NUMMI」は、1984年にGMとトヨタの折半により設立された合弁会社。

しかし、倒産したGMはNUMMIからの撤退をすでに明らかにしており、合弁相手であるトヨタの動向に注目が集まっていました。

朝日新聞(電子版)によると、単独での操業継続は難しいとの判断から、協議の上で8月末までに正式表明する見通しとのこと。

トヨタの北米における生産能力は余剰気味であることから、施設の統廃合によって生産効率を高める狙いもあると見られます。

トヨタでは、同施設において「カローラセダン」や「ピックアップトラック」等の生産を行っていました。

asahi.com(朝日新聞社):トヨタ、GMとの合弁会社清算へ

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事