不景気.com > 国内倒産 > 長野の土木建築工事「高崎建設工業」が民事再生法を申請

長野の土木建築工事「高崎建設工業」が民事再生法を申請

長野の土木建築工事「高崎建設工業」が民事再生法を申請

長野県に本拠を置く土木建築工事「高崎建設工業」は、松本地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1964年に設立の同社は、鹿島建設の施工パートナーとして全国の大規模開発に参加。北海道の「高見ダム」や「関西空港」の建設にも携わるなど事業を拡大していました。

特に、重機土木工事に強みを持ち、ダム・高速道路・トンネル・空港等のインフラ工事で力を発揮。東京・新潟・札幌・仙台に拠点を展開するほか、福井県と長野県に関連会社を持つなどして業績は順調に推移していました。

しかし、昨今の景気悪化によるインフラ工事の需要縮小に伴い、同社への受注も大幅に減少。資金繰りに行き詰まり今回の措置になった模様。

負債額は約23億円

倒産情報 大型倒産速報 高崎建設工業(株)~民事再生手続開始申立へ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事