不景気.com > 買収合併 > サントリーがニチレイのアセロラ飲料事業を買収、果実飲料強化

サントリーがニチレイのアセロラ飲料事業を買収、果実飲料強化

サントリーがニチレイのアセロラ飲料事業を買収、果実飲料強化

飲料大手「サントリー」と冷凍食品最大手「ニチレイ」は、ニチレイのアセロラ飲料事業をサントリーが買収することで合意に至ったことを明らかにしました。

対象となるのは、ニチレイの100%子会社で加工食品事業「ニチレイフーズ」が日本国内で行うアセロラ飲料事業。

同社のアセロラ飲料は人気も高く販売も堅調ですが、同商品以外に飲料の取り扱いがないため、飲料事業全体で見ると、販売促進費や研究開発費などの面で経営が非効率化していました。

今後は、2009年末にサントリーから販売が行われる見通しで、2010年春には製品製造を含め完全移行する段取り。

これにより、ニチレイは飲料事業から撤退することになりますが、原料供給や業務用製品の生産販売は引き続き行うとのこと。

子会社における事業の一部譲渡に関するお知らせ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事