不景気.com > 国内倒産 > ゴルフ場「サザンヤードカントリークラブ」が民事再生法を申請

ゴルフ場「サザンヤードカントリークラブ」が民事再生法を申請

ゴルフ場「サザンヤードカントリークラブ」が民事再生法を申請

茨城のゴルフ場運営・賃貸「サザンヤードカントリークラブ」は、水戸地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1973年に設立の同社は、1991年に茨城県東茨城郡城里町で「サザンヤードカントリークラブ」をオープン。戦略性に満ちたゴルフコースに特徴を持つ他、充実したクラブハウスやホテルも魅力で知名度を高めていました。

帝国データバンクによると、1999年からは当ゴルフ場の運営を別会社に移管し、ゴルフ場の賃貸収入を主な売上にしていたとのこと。

しかし、昨今の経済危機による売上減少に加え、2010年1月から始まる預託金償還の資金繰りめどが立たないことで、今回の措置になった模様。

負債総額は預託金を含め106億円程度の見通し。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事