不景気.com > 国内倒産 > 楽天フィナンシャルソリューションが特別清算を申請

楽天フィナンシャルソリューションが特別清算を申請

楽天フィナンシャルソリューションが特別清算を申請

楽天の連結子会社でシステム運用の「楽天フィナンシャルソリューション」は、東京地方裁判所に特別清算を申請したことが明らかになりました。

同社は、楽天グループと東京都民銀行の共同出資により2006年に設立。東京都民銀行がネットバンクの楽天支店を設置し、そのシステム運用を受託していました。

しかし、同事業は、インターネット銀行のシステム開発に多額の費用を投じたにもかかわらず会員数は伸び悩み、大幅な赤字を計上し業績は悪化。

さらに、楽天グループがインターネット専業銀行の「イーバンク」を業務・資本提携(後に子会社化)したこともあり、東京都民銀行は事業譲渡し撤退を決定。同社の業務もなくなったことから、臨時株主総会で解散が決議されていました。

帝国データバンクによると、負債総額は約54億8000万円。楽天グループは、すでに08年12月期決算において減損処理済みとのこと。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

【楽天市場】会社情報

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事