不景気.com > 企業不況 > 人材サービス「オープンループ」がヘラクレスから上場廃止へ

人材サービス「オープンループ」がヘラクレスから上場廃止へ

人材サービス「オープンループ」がヘラクレスから上場廃止へ

人材サービス等を行う大証ヘラクレス上場の「オープンループ」は、大阪証券取引所より上場廃止の決定および整理銘柄へ指定する通達があったことを明らかにしました。

上場廃止になるのは、大証ヘラクレス・コード4831の株式会社オープンループ。

監理銘柄に指定されていた同社株式は、その指定後6ヶ月間に、5営業日連続して浮動株時価総額が3億円以上にならなかったための措置。

今後、同社株式は整理銘柄に指定され、8月18日をもって上場廃止になる予定です。

北海道・札幌を本拠に置き、1997年にITセキュリティー技術開発企業として設立された同社は、2001年に大証ヘラクレスへ上場。その後、2003年に人材派遣企業「トラストワーク」と合併し現在に至ります。

大阪証券取引所による上場廃止の決定および整理銘柄への指定に関するお知らせ

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事