不景気.com > 買収合併 > 倒産した通信機器大手「ノーテル」の無線事業を「エリクソン」が買収

倒産した通信機器大手「ノーテル」の無線事業を「エリクソン」が買収

倒産した通信機器大手「ノーテル」の無線事業を「エリクソン」が買収

倒産したカナダの通信機器大手「ノーテル・ネットワークス」のワイヤレス技術部門を、スウェーデンの同業「エリクソン」が11億3000万ドル(約1070億円)で買収することが明らかになりました。

ノーテル・ネットワークスは、今年1月に日本の民事再生法に当たる米連邦破産法11章などの適用を申請し、38億ドル(約3600億円)の負債を抱え倒産。

その後、同社は資産価値があるワイヤレス技術部門の売却を検討し、先月には「ノキア・シーメンス・グループへ6億5000万ドルで売却に合意」とも報道されましたが、入札の結果、エリクソンへの売却が決定した模様。

同部門は、北米で主流のCDMA方式を中心とした事業で、買収後は「エリクソンCDMA」と社名を改め事業を継続する見通し。

電気通信機器の世界大手として君臨していたノーテル・ネットワークスですが、当初目指していた会社再生よりも、解体に向けた動きが加速してしまっているようです。

Ericsson Wins Auction for Nortel Assets - NYTimes.com

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事