不景気.com > 海外倒産 > 新生GM誕生で削減されるブランド・拠点・人員は?

新生GM誕生で削減されるブランド・拠点・人員は?

新生GM誕生で削減されるブランド・拠点・人員は?

6月1日に、16兆円を超える負債を抱え倒産したアメリカの自動車大手「ゼネラル・モータース」は、倒産処理を終え、新生GMとして再スタートを切ることが発表されました。

GMの倒産処理では、旧GMを「良いGM」と「悪いGM」に分離し、「良いGM」を新生GMとして再建させ、「悪いGM」を清算させることで、経営再建を目指していました。

その過程で、同社主力ブランドの「シボレー」や「キャデラック」などは「良いGM」に分類され生き残ることが決定した一方、「ポンティアック」は清算される見通しで、命運が分かれた格好と言えます。

ブランド 処理後
キャデラック 存続
シボレー 存続
GMC 存続
ビュイック 存続
ポンティアック 清算処理、生産打ち切りで「ポンティアック」83年の歴史に幕
サターン アメリカのディーラー大手「ペンスキー」へ売却
サーブ 倒産後、スウェーデンのスーパーカー「ケーニグセグ」へ売却
ハマー 中国の重機メーカー「四川騰中重工」へ売却見通し
オペル 部品大手「マグナ」、投資ファンド「RHJ」、中国「北京汽車」と交渉中
ボクソール オペルとセットで売却予定

一方、倒産処理を通じて「ディーラー・工場・人員」のそれぞれ大幅なリストラが実施されました。

米国内リストラ 倒産前 倒産後
ディーラー数 6000 3600
工場数 47工場 33工場
人員数 8万8000人 6万8500人(09年末)

約40日間での倒産処理完了は異例のスピードで、経営再建へ上々の船出となった新生「GM」ですが、500億ドル(約4.6兆円)に及ぶと言われている政府からの公的資金による融資を返済して行けるのか、疑問が残るところです。

GM out of bankruptcy as new company is formed - Jul. 10, 2009

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事