不景気.com > 赤字決算 > 百貨店「松屋」が通期業績を6億円の赤字に下方修正

百貨店「松屋」が通期業績を6億円の赤字に下方修正

百貨店「松屋」が通期業績を6億円の赤字に下方修正

銀座・浅草に店舗を展開する百貨店の「松屋」は、2010年2月期通期連結業績を下方修正し、純損益で6億円の赤字になる見通しを発表しました。

2010年2月期通期連結業績予想:

売上 営業損益 純損益
前回予想 851億円 4億円 1億円
今回予想 837億円 1億円 -6億円

景気低迷により消費者の倹約指向は顕著で、衣料品を中心に売上を大きく減少させたことが業績に影響した模様。

同社と提携関係にあった「伊勢丹」が、松屋銀座店のライバル「三越」と経営統合に至ったため、同社の存在が業界再編から取り残された格好に。

さらに、景気低迷が追い打ちを掛けるように百貨店業界全体の業績を悪化させたことで、銀座一を争う人気店も厳しい経営を迫られているようです。

業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事