不景気.com > 不景気ニュース > 丸井今井旭川店が閉店、112年の歴史に幕

丸井今井旭川店が閉店、112年の歴史に幕

丸井今井旭川店が閉店、112年の歴史に幕

明治30年(1897年)開店の丸井今井・旭川店は、7月20日をもって閉店し112年の歴史に幕を下ろしました。

北海道屈指の老舗百貨店で今年1月に民事再生法の適用を申請し倒産した丸井今井は、三越伊勢丹ホールディングスの支援により経営再建を目指すことが決まっており、今回の閉店はその再建計画の一環。

同じ北海道では、西武百貨店が9月30日をもって札幌店の閉店を決定しており、大手デパートの撤退が加速しています。

当初、西武百貨店は「旭川店」の閉店も視野に検討を重ねていましたが、丸井今井が旭川からの撤退を決定したため、競合が減ることによる売上増が見込め、存続を決断した経緯があります。

丸井今井では8月1日に新会社として再出発する予定で、三越伊勢丹HDの下、同社の旗艦店である札幌店等に資源を集中し再建を図る見通し。

丸井今井旭川店は本日7月20日、閉店いたします。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事