不景気.com > 国内倒産 > 茨城のスーパー「マルヘイストア」が民事再生法を申請

茨城のスーパー「マルヘイストア」が民事再生法を申請

茨城のスーパー「マルヘイストア」が民事再生法を申請

茨城のスーパーマーケットチェーン「マルヘイストア」(会社名:マル平ストア)は、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

1965年に日用雑貨販売の「丸平商店」として創業、1972年に名称を「マル平ストア」へ変更し法人化した同社は、茨城県や千葉県を中心に店舗を展開し事業を拡大していきました。

しかし、大型スーパーの台頭などによって業者間の競争が激化したことに加え、景気悪化による消費低迷で売上が減少。2009年2月期の年商は130億円にまで落ち込んだことから、今回の措置になった模様。

負債総額は約36億円

帝国データバンクによると、東京都国立市に本拠を置くスーパーマーケットチェーン「さえき」を支援スポンサーとして、事業再生を目指すとのこと。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事