不景気.com > 海外リストラ > 英銀ロイズ1200人・米シスコ600人・英ジャガー300人の削減へ

英銀ロイズ1200人・米シスコ600人・英ジャガー300人の削減へ

英銀ロイズ1200人・米シスコ600人・英ジャガー300人の削減へ

イギリスの銀行大手「ロイズ・バンキング・グループ」は、1200人に及ぶ追加の人員削減を明らかにしました。

削減の対象は、保険部門とバックオフィス部門であるITサポートの見通しで、これにより今年に入って実施した人員削減数は8200人に及ぶ模様。

BBC NEWS | Business | Lloyds to cut another 1,200 jobs

一方、アメリカのネットワーク機器大手「シスコ・システムズ」は、本社社員の600人-700人を削減する方針を明らかにしました。

同社は、今後も人員削減による事業の効率化を進める見通しで、更なるリストラの実施に発展する可能性もあるとのこと。

Cisco lays off 600 to 700 workers at California headquarters - USATODAY.com

また、イギリスの自動車メーカー「ジャガー・ランドローバー」は、工場労働者を中心に300人の削減を表明。同社売上は、過去10ヶ月で28%の落ち込みを見せており、人員削減による固定費削減は必至だったようです。

BBC NEWS | UK | England | Merseyside | Jaguar announces 300 job losses

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事