不景気.com > 買収合併 > 飲料大手「キリン」と「サントリー」が経営統合を協議へ

飲料大手「キリン」と「サントリー」が経営統合を協議へ

飲料大手「キリン」と「サントリー」が経営統合を協議へ

飲料大手の「キリン」と「サントリー」は、経営統合を前提に協議していることが各紙報道で明らかになりました。

統合が成立すると、ビール系飲料では国内トップの「アサヒ」を抜いてシェア50%に迫る国内首位に、また、清涼飲料でも「日本コカコーラ」を抜いて国内首位に躍り出る見通し。

「第3のビール」と言われる低価格のアルコール飲料が好調だった両社ですが、少子高齢化により今後のマーケット縮小は明らか。そこで、統合による製造・販売でのコスト削減を目指すほか、世界市場への積極的な進出のため、経営の足場を固める狙いがあるようです。

また、ビール系飲料ではシェア50%に迫ることから、独占禁止法に接触する可能性もあり、経営統合にはクリアすべき課題が多く残っているのも事実と言えます。

キリンとサントリーが経営統合含め検討、ビール・飲料でトップ企業に | Reuters

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事