不景気.com > 国内倒産 > 岩手の建設業「杉山組」が民事再生法を申請へ

岩手の建設業「杉山組」が民事再生法を申請へ

岩手の建設業「杉山組」が民事再生法を申請へ

岩手の建設業「杉山組」は、近く盛岡地方裁判所に民事再生法の適用を申請する見通しであることが明らかになりました。

1961年創業、1989年に法人化した同社は、「土木工事」からアパートや住宅建設まで手広く事業を展開。また、「トンネル建設」や「道路整備」などの公共工事を受注し業績を上げていました。

しかし、景気低迷による不動産市況の悪化や公共事業の手控えによる受注減が影響し、売上は徐々に減少。

毎日新聞(電子版)によると、「岩手県大船渡市発注の大船渡漁港整備事業を受注したものの、契約保証の資金を準備できずに辞退した」こともあり、同社の先行きに対して懸念が広がっていたようです。

負債額は約16億円

杉山組:大船渡の建設業者、民事再生申請へ 負債総額16億円 /岩手 - 毎日jp

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事