不景気.com > 買収合併 > 日立が上場子会社5社の完全子会社化を検討、マクセルなど

日立が上場子会社5社の完全子会社化を検討、マクセルなど

日立が上場子会社5社の完全子会社化を検討、マクセルなど

電機大手の日立製作所が、上場子会社のうち、5社の完全子会社化を検討していることが明らかになりました。

対象となる上場子会社は、「日立マクセル」「日立プラントテクノロジー」「日立情報システムズ」「日立ソフトウェアエンジニアリング」「日立システムアンドサービス」の5社。

ロイター通信(電子版)によると、「株式公開買い付け(TOB)の実施により現在50%-70%程度の出資比率を100%まで引き上げる」とのこと。

日立では、09年3月期通期連結決算において、当期の国内企業最大となる純損失7873億円の赤字を計上。また、10年3月期も2700億円の純損失を見込むなど、収益改善が急務となっていました。

このため、上場子会社を多く抱え込む体質を改善し、グループの利益を内部に留保することにより、収益の健全化を目指すものと思われます。

日立、上場子会社5社を完全子会社へ | Reuters

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事