不景気.com > 不景気ニュース > 世界のマスメディア広告費用が7.2%の下落、印刷媒体で顕著

世界のマスメディア広告費用が7.2%の下落、印刷媒体で顕著

世界のマスメディア広告費用が7.2%の下落、印刷媒体で顕著

2009年1-3月期のマスメディア(テレビ・新聞・雑誌・ラジオ)広告費用は、世界全体で前年同期比7.2%の下落になったことが、アメリカの民間調査会社「ニールセン」の調査で明らかになりました。

国・地域別で見ると、欧州での下落が激しく、「スペイン」の28.2%減を筆頭に、「アイルランド」の21.2%減、「イタリア」の19.1%減、「イギリス」の14.7%減と続き、「アメリカ」でも12.7%減と大きい減少幅になっています。

一方、アジアは比較的堅調に推移し、「インドネシア」では選挙の影響もあり19.1%増、中国でも上昇幅は少なくなったものの2.5%増と増加傾向を維持しました。

媒体別では「雑誌」の17.4%減が際立っており、「新聞」の9.1%減とともに、印刷媒体の弱さが顕著になった格好。

産業別で見ても、「自動車」(19.9%減)、「金融」(16.7%減)、「衣服」(15.7%減)の減少が目立ち、昨今の景気悪化で影響を受けた業種を中心に、広告費の抑制を強めた結果となりました。

Nielsen | Global Adspend Down 7% In 1st Quarter 2009

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事