不景気.com > 国内倒産 > 藤代ゴルフ倶楽部の「弘済事業」が民事再生法を申請

藤代ゴルフ倶楽部の「弘済事業」が民事再生法を申請

藤代ゴルフ倶楽部の「弘済事業」が民事再生法を申請

茨城県のゴルフ場経営「弘済事業」は、東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したことが明らかになりました。

同社は、財団法人「鉄道弘済会」の関連会社で、1998年に「弘済建物」(2005年6月に特別清算)の宅地分譲開発以外のビル賃貸やゴルフ場経営を引き継ぐかたちで設立。現在は「藤代ゴルフ倶楽部」の運営を主な事業としていました。

東京から1時間の立地にあり利便性の高い同ゴルフ場ですが、昨今の経済危機によりゴルフ場収入が激減し債務超過状態に陥ったため、今回の措置に至ったようです。

負債総額は約225億円の見通し。

なお、東証1部上場のゴルフ場経営「アコーディアゴルフ」が、藤代ゴルフ倶楽部の再生支援スポンサーに就任する模様。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

弘済事業株式会社とのスポンサー就任に係る基本合意書締結に関するお知らせ

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事