不景気.com > 国内倒産 > 機械製造「阿波エンジニアリング」が自己破産申請し倒産へ

機械製造「阿波エンジニアリング」が自己破産申請し倒産へ

機械製造「阿波エンジニアリング」が自己破産申請し倒産へ

徳島に本拠を置く工業用機械製造「阿波エンジニアリング」は、事業を停止し、自己破産の申請準備に入り、倒産する見通しであることが明らかになりました。

同社の歴史を遡ると、1920年に「久保鉄工所」として創業、1979年に「阿波機械工業」から営業・技術開発部門を分離独立するかたちで設立されました。

「情報記憶メディア」や「高性能小型電池」(バッテリー)の組立プラント設計・製作の他、省力機械・FAシステム・医療機械・食品機械・航空機部品・精密機器など、幅広い業種から受注を受け、業績を伸ばしていました。

しかし、昨秋からの世界的な景気悪化の波を受けて受注が大幅に減少。リストラ策を試みるも、受注回復の兆しが見えないことから、今回の措置になる模様。

帝国データバンクによると、負債額は約30億円

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事