不景気.com > 雇用問題 > 英国の若年層失業率が16.6%、過去15年で最悪

英国の若年層失業率が16.6%、過去15年で最悪

英国の若年層失業率が16.6%、過去15年で最悪

イギリスの18歳から24歳までの若年層失業率が16.6%に悪化し、1993年以来で最悪の水準落ち込んだ明らかになりました。

また、この世代の失業率は今後も増加する傾向にあり、特に新卒が社会に出る夏以降に一段と上昇する懸念が広がっています。

日本と違い、新卒での就職がその後の人生を左右する程ではありませんが、失業率20%台へ悪化の可能性もあることから、若年層の働く意欲減退の恐れもあります。

一方、男性65歳以上・女性60歳以上の高齢者世代の就業率が前年比で2.6%増と、全世代通じて唯一の上昇を見せており、世代間のギャップが広がる傾向はどこの国でも同じと言えそうです。

全世代を通じての失業率も7.2%まで悪化し、1997年7月以来の水準に落ち込んでいるとのこと。

BBC NEWS | Business | UK jobless total at 12-year high

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事