不景気.com > 海外リストラ > スズキがロシア工場の建設を凍結、新車需要低迷で

スズキがロシア工場の建設を凍結、新車需要低迷で

スズキがロシア工場の建設を凍結、新車需要低迷で

スズキがロシア・サンクトペテルブルグ郊外で計画していた四輪組み立て工場の建設を、凍結することが明らかになりました。

世界的な経済危機により、ロシアでも新車販売が低調に推移しているため、工場建設を一時取り止め、今後の動向を見守る必要があると判断したようです。

中日新聞(電子版)によると、「ロシアの行政当局とスズキ側が5月末までに協議し合意した」とのこと。

当初の計画では、スズキが伊藤忠商事との共同出資でロシアに進出し、2009年にもエスクードの現地モデルを生産する予定でした。

しかし、工場建設予定地の地盤が弱いことが判明し、建設の着工が延期されていました。さらに、景気悪化が追い打ちを掛け、世界的な生産計画の見直しが必要になったようです。

中日新聞:スズキ、ロシア工場建設を無期延期 需要減少で戦略見直し(CHUNICHI Web)

関連記事

「海外リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事