不景気.com > 国内倒産 > 大阪の綿合繊製造「シオタニ」が自己破産申請し倒産

大阪の綿合繊製造「シオタニ」が自己破産申請し倒産

大阪の綿合繊製造「シオタニ」が自己破産申請し倒産

綿合繊ファッション衣料素材製造の「シオタニ」が、大阪地方裁判所に自己破産を申請し倒産したことが明らかになりました。

1955年に「塩谷織布工場」として個人創業後、1959年に法人組織を設立。その後、佐賀県や島根県にも工場を設立するなどして業績を伸ばしていました。

しかし、安値な海外製品が台頭して来ると業績が悪化、1994年には佐賀県の工場を、1995年には本社工場を閉鎖するなどのリストラ策を講じたが、状況は好転せず今回の措置になった模様。

負債額は約73億円

同社ホームページによると、従業員数は200人で、事業所は大阪本社と島根県・瑞穂工場、佐賀県・多久工場の3拠点。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事