不景気.com > 赤字決算 > 「三協・立山ホールディングス」が下方修正へ、赤字幅拡大

「三協・立山ホールディングス」が下方修正へ、赤字幅拡大

「三協・立山ホールディングス」が下方修正へ、赤字幅拡大

建材大手の「三協・立山ホールディングス」は、09年5月期通期の連結業績予想を下方修正したことを明らかにしました。

それによると、純損益は4月時点の前回予想である160億円の赤字から33億円下方修正し、193億円の赤字になる見通し。

これは、以前より募集していた早期退職者に対する割増退職金等を特別損失に計上することに加え、アルミ地金長期購入契約の解約損を計上したことによるもの。

売上 営業損益 純損益
前回予想 2810億円 -70億円 -160億円
今回予想 2778億円 -77億円 -193億円

経済環境の悪化により、公共投資や国内住宅投資が低調に推移していることと、上記の特別損失を計上したことによって、厳しい決算になることが予想されます。

特別損失の計上および業績予想の修正に関するお知らせ

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事