不景気.com > 不景気ニュース > サラリーマンの小遣いは4万5600円、ピーク時の4割減

サラリーマンの小遣いは4万5600円、ピーク時の4割減

サラリーマンの小遣いは4万5600円、ピーク時の4割減

サラリーマンの平均小遣いが4万5600円になることが、新生フィナンシャルによる「2009年サラリーマンの小遣い調査」で明らかになりました。

20代から50代のサラリーマンを対象に行った調査で、月間の平均小遣い4万5600円は前年比で700円の減少、約2割の人が昨年より小遣いが減少したと答えています。

また、バブル期の1990年に記録した7万6000円と比べると、実に4割減のレベルに低下していることになります。

一方、昼食の節約志向も高くなっているようで、「弁当持参」が一週間のうちで平均1.3回となり、その他の「外食」「社食」「コンビニ弁当」を上回っています。

特に「弁当男子」と呼ばれる若い世代や、年収が低い世帯、子供がいる世帯の弁当持参率が高くなっているようです。

景気が悪化する中で、サラリーマンの小遣いにも影響が出ていることが明らかになり、今後は少ない金額の中で、弁当持参などの節約術を身につけることが必要になりそうです。

2009年サラリーマンの小遣い調査 | 新生フィナンシャル

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事