不景気.com > 買収合併 > 独「ダイムラー」がポルシェへの出資検討、カタール投資庁も

独「ダイムラー」がポルシェへの出資検討、カタール投資庁も

独「ダイムラー」がポルシェへの出資検討、カタール投資庁も

ドイツの自動車大手「ダイムラー」が経営危機に陥っている「ポルシェ」への出資を検討していると、ドイツ紙「マネージャー・マガジン」が明らかにしました。

ドイツのスポーツカーメーカー「ポルシェ」は、51%を出資している子会社「フォルクスワーゲン」の買収に際して多額の資金を注入し、その費用が経営を圧迫。

また、昨今の経済危機による高級車販売の低迷により、業績を大幅に悪化させ厳しい経営状況に追い込まれています。

ダイムラーの他にも、カタール政府系ファンド「カタール投資庁」がポルシェへの出資を打診されており、双方からの出資を受け入れるのか、どちらかを選択するのか、気になるところです。

ポルシェは当初、VWへの出資を現在の51%から75%まで引き上げる予定でしたが、その動向も気になるところです。

さらに、別のドイツ紙によると、ダイムラーはBMWとの提携も検討しているようで、ダイムラーを中心としたドイツ自動車産業の再編に繋がる可能性も秘めています。

Daimler: Verhandlungen uber Einstieg bei Porsche - manager-magazin.de

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事