不景気.com > 赤字決算 > ライブドアが681億円の巨額配当実施へ、赤字の中で異例

ライブドアが681億円の巨額配当実施へ、赤字の中で異例

ライブドアが681億円の巨額配当実施へ、赤字の中で異例

ライブドアの持ち株会社「LDH」が、総額681億円の及ぶ株主配当を行う方向で検討していることが明らかになりました。

産経新聞(電子版)によると、1株当たり6500円の配当案を26日に行われる株主総会に提案する予定で、LDHの発行済み株式約1049万株で単純計算すると681億円程度になるとのこと。

LDHは前期決算で557億円の赤字に陥っており、異例となる巨額配当の実施には、ファンドや外資系金融機関など株主からの圧力が相当にあったものと想像できます。

また、2006年4月にマザーズから上場廃止になり、同社株式を売り損ねた個人株主にも配当が実施される模様ですが、株式17%を保有する堀江氏には配当を行わないとのこと。

LDHでは粉飾決算事件以後、子会社などの売却によって総資産額を1200億円程度まで増やしていました。

■事件以後、売却されたと思われる主な子会社:

ベストリザーブ、ライブドアフィナンシャルHD、ビィー・ジャパン、ぽすれん、ジャックHD、ClickDiario Network Internet、メディアエクスチェンジ、弥生、Myrice Limited

また、傘下の通信販売大手「セシール」のTOBにも応募しており、売却が有力視されています。

「ライブドア680億円配当案 1株6500円 「株主の要請」」:イザ!

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事