不景気.com > 企業不況 > JDC信託が粉飾決算と不正資金流用で3ヶ月の業務停止

JDC信託が粉飾決算と不正資金流用で3ヶ月の業務停止

JDC信託が粉飾決算と不正資金流用で3ヶ月の業務停止

東証マザーズ上場の「ジャパン・デジタル・コンテンツ信託」(JDC信託)に不正資金流用があったとして、金融庁は同社に対して3ヶ月間の業務停止命令を下したことを明らかにしました。

それによると、理由として上げられているのは以下の4点。

1.融資された資金を自社の固有勘定返済に不正流用したこと
2.循環取引等により決算を粉飾したこと
3.前社長が当局の承認なく他社の取締役に従事していたこと
4.信託業法の最低資本金額である1億円を純資産額が下回っていること

業務停止期間は6月19日から9月18日までの3ヶ月間で、その間は信託業に関わる新規業務が行えないとのこと。

これを受け、同社では連結業績予想を4400万円下方修正。また、上場するマザーズでは同社株が朝方からウリ気配となっています。

JAPAN DIGITAL CONTENTS TRUST, INC.

関連記事

「企業不況」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事