不景気.com > 不景気ニュース > 貯蓄100万円未満の世帯が10.7%、突出した割合に

貯蓄100万円未満の世帯が10.7%、突出した割合に

貯蓄100万円未満の世帯が10.7%、突出した割合に

総務省が公表した2008年の家計調査報告によると、貯蓄額が100万円に満たない世帯の割合が、全世帯の10.7%に上ることが明らかになりました。

この調査は、全国の2人以上の世帯を対象に168市町村から8076世帯を無作為に抽出したもの。貯蓄には、預金のほかに有価証券や生命保険なども含むとのこと。

貯蓄の現在高別に見ても、貯蓄額100万円未満世帯の割合がどの貯蓄額帯よりも高く、景気悪化が家計に大きな影響を与えていると言えそうです。

100万円未満 - 10.7%
~200万円 - 5.8%
~300万円 - 5.5%
~400万円 - 5.2%
~500万円 - 4.8%
~600万円 - 4.9%
~700万円 - 4.5%
~800万円 - 3.7%
~900万円 - 3.3%
~1000万円 - 3.3%

一方、平均貯蓄額は1680万円で、「少数の高額貯蓄世帯」と「多数の低額貯蓄世帯」という二極化が顕著になっていると言えそうです。

特に60歳以上の世帯では、貯蓄額2500万円以上の世帯が約3分の1を占め、世代が高くなるほど貯蓄額が増える傾向にあるようです。

統計局ホームページ/家計調査報告(貯蓄・負債編)-平成20年平均結果速報

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事