不景気.com > 雇用問題 > 大企業の景況感は改善も雇用は全規模で依然悪化傾向

大企業の景況感は改善も雇用は全規模で依然悪化傾向

大企業の景況感は改善も雇用は全規模で依然悪化傾向

財務省が発表した09年4月-6月期の「法人企業景気予測調査」によると、大企業の景況感が大幅に改善していることが明らかになりました。

調査対象は資本金1000万円以上の法人企業で、総数は112万7992社。

貴社の景況判断」項目では、大企業の景況感が前回調査の「マイナス51.3ポイント」から「マイナス22.4ポイント」へ大きく改善。7月-9月期の見通しも「マイナス2.6ポイント」へ改善すると予測しています。

しかし、中小企業の景況判断は改善ポイントが「2.3ポイント」に留まり、回復に出遅れ感があることが明らかになっています。

貴社景況判断 大企業 中堅企業 中小企業
09/1-3月期(前回) -51.3 -51.3 -52.9
09/4-6月期(現状) -22.4 -37.0 -49.6
09/7-9月期(見通し) -2.6 -15.1 -30.9

 一方、雇用環境の状況を計る指数「従業員数判断」では、従業員数が「過剰気味」になっており、前回の調査から悪化していることが分かります。

雇用判断 大企業 中堅企業 中小企業
09/3月末(前回) -11.2 -10.3 -7.3
09/6月末(現状) -11.7 -11.5 -12.4
09/9月末(見通し) -6.7 -6.7 -7.2

雇用環境の改善には依然時間が掛かるものと思われ、景気悪化が底打ちしても楽観視は禁物のようです。

法人企業景気予測調査 調査の結果

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事