不景気.com > 買収合併 > GM傘下「サターン」はペンスキーへ売却、ハマーに続き

GM傘下「サターン」はペンスキーへ売却、ハマーに続き

GM傘下「サターン」はペンスキーへ売却、ハマーに続き

経営再建中のアメリカ自動車最大手「ゼネラル・モータース」(GM)は、傘下の自動車メーカー「サターン」を自動車販売大手「ペンスキー・オートモーティブ・グループ」に売却することを明らかにしました。

ペンスキー・オートモーティブの代表・ロジャーペンスキーは、インディーカーナスカーなどアメリカ国内の自動車レースに「ペンスキー・レーシング」として参加していることでも有名。

サターンは、GMが1990年に若者向けブランドとして設立。しかし、若者の車離れやガソリン価格高騰によって販売が低調に推移し、GMの中では不採算部門になっていました。

サターン売却に関して、過去には「ルノー・日産」連合も買収に興味を示していましたが、最終的には国内の自動車ディーラーとして知名度があるペンスキーが選ばれたようです。

この買収により、1万3000人に及ぶ従業員とディーラー労働者が救済される見込み。

GMは、倒産に当たり資産売却を加速させており、「オペル」「ハマー」に次いで「サターン」の売却交渉もまとめることに成功し、着々と再建への足固めをしていると言えます。

G.M. Reaches Deal to Sell Saturn to Penske - NYTimes.com

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事