不景気.com > 国内倒産 > 広告制作「クリエイティブアダック」が破産申請し倒産へ

広告制作「クリエイティブアダック」が破産申請し倒産へ

広告制作「クリエイティブアダック」が破産申請し倒産へ

広告制作業「クリエイティブアダック」が、6月24日に事業停止し事後処理を弁護士に一任。自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。

1967年創業の同社は、国土交通省や経済産業省を始めとする官公庁向けに「広報戦略の企画立案」や「広報ツール作成」などを行う広告制作業者。

また、東京都渋谷区の本社以外に、名古屋や福岡、アメリカ・ボストンにも拠点を築くなどして、業績は順調に推移していました。

しかし、景気減速の影響で官公庁からの受注が激減し、資金繰りが悪化。長く官公庁相手に仕事をしていたため、一般企業向け業務への転換も難しいことから、今回の措置に至った模様。

帝国データバンクによると、負債額は2008年6月末時点で約41億円

似たようなケースでは、官公庁向け広報誌の出版を行っていた「時事画報」も事業停止し、任意整理に追い込まれています。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事