不景気.com > 海外倒産 > 自動車部品メーカー「ビステオン」が連邦破産法申請し倒産

自動車部品メーカー「ビステオン」が連邦破産法申請し倒産

自動車部品メーカー「ビステオン」が連邦破産法申請し倒産

アメリカの自動車部品メーカー「ビステオン」(Visteon)が、デラウェア州破産裁判所に連邦破産法11章(民事再生法に相当)を申請し倒産したことが明らかになりました。

ビステオン社は自動車大手の「フォード」から独立した自動車部品メーカーで、世界27カ国に拠点を持ち、総従業員数は3万1000人程度。

世界的な自動車産業の低迷により部品需要も大幅に減少、同社の売り上げの大部分を占めるフォードも販売減から部品の受注を減らしたことから今回の措置に追い込まれた模様。

同社のイギリス子会社は先月すでに倒産しており、同国内の3工場が閉鎖に追い込まれています。

Visteon Files for Chapter 11 Bankruptcy Protection - NYTimes.com

関連記事

「海外倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事