不景気.com > 不景気ニュース > 米国の年金は2037年度に破綻、日本より6年だけ長い

米国の年金は2037年度に破綻、日本より6年だけ長い

米国の年金は2037年度に破綻、日本より6年だけ長い

アメリカ政府の発表によると、同国の公的年金が2037年に破綻する見通しであることが明らかになりました。

これは公的年金医療保険に関する年次報告書で明らかにされたもので、公的年金は従来の予想より4年早く、また医療保険は2017年に破綻を迎える可能性が高いと報告されています。

先日、日本でも同様の報告がされており、それによると日本では厚生年金が2031年度に破綻する見通しであることが明らかにされています。

移民政策に積極的で世代的に労働人口が多いと思われているアメリカでも、少子高齢化に起因するであろう年金や医療保険の問題が大きく取り上げられていることは意外に感じます。

日本の状況がこれより悪いことは容易に想像でき、今後年金システムを支えていかなければならない世代には大きな負担となることが予想されます。

「米年金2037年破綻 経済危機で財政悪化」:イザ!

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事