不景気.com > 赤字決算 > 東証1部・企業全体で3兆2000億円の赤字に、08年度決算

東証1部・企業全体で3兆2000億円の赤字に、08年度決算

東証1部・企業全体で3兆2000億円の赤字に、08年度決算

東証一部に上場する企業の09年3月期(08年度)決算の純損益を合計すると、3兆2000億円の赤字に陥ることが明らかになりました。

日興コーディアル証券が集計によると、5月20日までに決算発表を行った1348社を独自に調査した結果で、赤字額は過去最大になるとのこと。

業種別に見ると、製造業は3兆6000億円、金融業は3兆5000億円の赤字で、証券・自動車・電機が足を引っ張った格好になりました。

純損益の赤字が続くのは4-9月期の上半期までと見ており、10年3月期(09年度)は黒字転換を予想しているようです。

厳しい状況はなお続くと見られますが、景気の底打ち感も見えてきており、上半期を乗り切れば回復基調の波に乗れるかもしれません。

asahi.com(朝日新聞社):東証1部企業 売上高48兆円減、純損失3.2兆円

関連記事

「赤字決算」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事