不景気.com > 国内リストラ > トヨタが販売店の統合を実施へ、トヨペット・ネッツなど

トヨタが販売店の統合を実施へ、トヨペット・ネッツなど

トヨタが販売店の統合を実施へ、トヨペット・ネッツなど

トヨタ自動車が国内販売のてこ入れのために、販売店の統廃合を実施する方針であることが明らかになりました。

朝日新聞(電子版)によると、「国内販売不振の影響を受けて顧客基盤を厚くする必要があるが、現状の販売系列網では全車種取り扱いが出来ずに、結果として過疎地でも全系列網を揃える必要があり効率が悪い」とのこと。

トヨタでは今後も系列は維持する考えですが、系列間で利害を調整し「販売コスト」と「ユーザーの利便性」を上げるために販売店の統廃合を行うようです。

現在トヨタでは、「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」「レクサス」の5系列が存在し、レクサスを除く4系列は同じトヨタブランドの販売店でありながら扱える車種が違うなど複雑化しています。

トヨタの販売会社は独立資本のために、ホンダや日産が早々に販売系列を統合して一本化したのに比べ系列の整理が遅れていました。

今後発売される新型「プリウス」や新型ハイブリッド車は4系列全てで販売される予定とのことで、徐々に系列の垣根が取れてくると考えられています。

asahi.com(朝日新聞社):トヨタ、国内販売店の統廃合を本格化 6月から

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事