不景気.com > 国内リストラ > 東芝が携帯電話の国内生産から撤退、海外へ委託

東芝が携帯電話の国内生産から撤退、海外へ委託

東芝が携帯電話の国内生産から撤退、海外へ委託

東芝は、東京都日野市にある日野工場で行っている携帯電話の国内生産を停止し、09年10月から海外企業へ委託することを明らかにしました。

日野工場では引き続き「設計・開発」を行う予定。また、世界生産の本拠として生産管理、新機種生産の立ち上げ、修理などを行うとのことで施設は維持されるようです。

携帯電話の国内市場は飽和していることに加え、販売方式の変更による買い換えサイクルの長期化、景気低迷による消費者の買い控えなどで販売が減少していました。

なお、同工場で勤務している約200人の社員は配置転換で他部署に移されることになっており、人員削減は今のところ予定されていません。

東芝は先月、白物家電でも海外生産に軸足を移す計画を明らかにしており、例えば「洗濯乾燥機」を中国の生産子会社で行うなど、生産コスト削減による生き残りを目指すようです。

東芝:ニュースリリース (2009-05-20):携帯電話の生産体制の見直しについて

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事