不景気.com > 国内リストラ > ソニーが部品・素材の調達先集約で5000億円のコスト減へ

ソニーが部品・素材の調達先集約で5000億円のコスト減へ

ソニーが部品・素材の調達先集約で5000億円のコスト減へ

ソニーは、部品・素材の調達先を集約し09年度に前年度比で5000億円のコスト削減を目指すことを明らかにしました。

同社は2010年度末までに調達先を現在の約2500社から約1200社へ半減させる計画で、これにより1社当たりの取引量増加による価格交渉力を上げることが目的。

これは、デジタル家電の市場価格が下落していることに対応するためで、主力の液晶テレビなどでの競争力を強化することが必要と判断したようです。

ソニーは、景気後退による消費の低迷や円高によって09年3月期(08年度)の純損益が989億円の赤字に転落。10年3月期(09年度)でも1200億円の赤字見通で、大手電機では唯一、前期より悪化すると予想、エレクトロニクス事業でのテコ入れが急務となっていました。

ソニー、09年度部品・素材調達コストを5000億円削減 | テクノロジーニュース | Reuters

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事