不景気.com > 国内リストラ > ニコンが1000人を人員削減へ、精機事業再編で

ニコンが1000人を人員削減へ、精機事業再編で

ニコンが1000人を人員削減へ、精機事業再編で

ニコンは、露光装置を取り扱う精機事業で、1000人の人員削減と生産拠点・子会社の統合を含むリストラ策を行うことを明らかにしました。

人員削減の対象となるのは、「生産部門」に属する2900人のうち約800人と、「海外販売・サービス、国内サービス部門」に属する1700人のうち約200人の合計1000人。

生産体制の再編においては、現在4社ある生産子会社を2社に統廃合する予定で、対象となる子会社は「栃木ニコンプレシジョン」「水戸ニコンプレシジョン」「仙台ニコンプレシジョン」「蔵王ニコン」。

半導体露光装置を手掛ける「栃木ニコンプレシジョン」と、液晶露光装置を手掛ける「蔵王ニコン」を存続会社として、10月1日をめどに合併などによって再編を行うとのことです。

これらのリストラ策によって80億円程度のコスト削減効果を見込んでおり、リストラ費用として約40億円を特別損失として計上する予定。半導体や液晶の需要減によって固定費削減などのリストラ策が急務となっていました。

露光装置とは、半導体や液晶パネルの製造過程で、制御回路を基盤に写し込む装置。

Nikon | ニュース(報道資料):精機カンパニーの事業拠点再編と改革について

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事