不景気.com > 買収合併 > ローソンのampm買収は白紙撤回、米国本社の横やりで

ローソンのampm買収は白紙撤回、米国本社の横やりで

ローソンのampm買収は白紙撤回、米国本社の横やりで

09年2月に合意されていたコンビニエンス・ストア2位「ローソン」による同7位「ampm」の買収が白紙撤回されることが明らかになりました。

日経新聞(電子版)によると、ampmの商標権を持つアメリカ本社が売却条件として店名の存続を主張。ローソンが拒否したために交渉が決裂したとのことです。

一方、思わぬ格好で売却が撤回されたampm親会社の「レックスホールディングス」ですが、今後もampm売却へ向け他社との交渉を進めていくようです。

もし買収が成立していれば、店舗数で9700店を超える規模になり、コンビニ首位「セブンイレブン」の1万2000店に肉薄。一気に業界再編に繋がる可能性があると考えられていました。

NIKKEI NET(日経ネット):ローソンのam/pm買収が白紙に 店名巡り交渉決裂

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事