不景気.com > 景気対策 > まだ間に合う「FX取引」、規制前に始める投資

まだ間に合う「FX取引」、規制前に始める投資

まだ間に合う「FX取引」、規制前に始める投資

ここ数年の間で一気に知名度を上げた外国為替証拠金取引「FX取引」。株取引よりも手軽に始められることから投資に興味がなかった人にも利用が広がり人気の取引となっています。

FX取引の特徴の一つは、「レバレッジ」を利用して証拠金の数倍にもなる取引が可能になることではないでしょうか。

例えば、元手1万円を証拠金として搬出し証拠金倍率100倍で取引した場合、100万円(1万円x100倍)の取引が可能となります。

100万円が101万円になった場合は証拠金1万円+利益1万円で元手の2倍になりますが、逆に100万円が99万円になった場合は証拠金1万円-損失1万円で元手の全額を失うことになります。

レバレッジ規制

このレバレッジを利用したFX取引ですが、金融庁は投資家保護を目的にレバレッジ率(証拠金倍率)の上限を25倍に制限する改正案を発表しました。

それによると、改正案公布から1年間は現行のルールで、その後1年間を移行期間として50倍を上限とし、2年目以降から25倍の上限を適用するとのことです。

取引のコツ

手軽に始められて儲かる話ばかりのように聞こえるFX取引ですが、為替取引に限って言えば、「儲けている人」の分だけ「損をしている人」もいる(ゼロサム=プラスマイナスゼロ)と言えるので、利益を確保する可能性と同等の損失リスクがあると考えられます。

リスクを考慮して少ない額から始めるのはもちろんのことですが、コツとしては「得意な通貨」を見つけることだと思います。そして、常にその通貨の動きを掴んでおくことによって、先の相場が予想しやすくなります。

FX取引業者

FX取引を行う投資家が増加したことによって取り扱う業者も乱立しましたが、悪質な業者に会わないために注意が必要です。(取引業者は金融庁によって金融商品取引業への登録が義務化されています)

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事