不景気.com > 国内倒産 > 福岡の建設業「高松組」が自己破産申請し倒産へ

福岡の建設業「高松組」が自己破産申請し倒産へ

福岡の建設業「高松組」が自己破産申請し倒産へ

福岡県地盤の建設業「高松組」が事後処理を弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入っていることが明らかになりました。

帝国データバンクによると、資金調達が難しくなったことにより5月15日の支払いが出来ず、同日付で事業を停止しているとのことで、負債額は65億円程度になる見込み。

1941年設立の同社は、福岡県太宰府市にある「九州国立博物館」の新築工事を手掛けたことで知名度を上げていました。(04年3月竣工、05年10月オープンの地上5階・地下2階で延べ床面積2610平方メートル)

しかし、改正建築基準法の施行で工事着工が遅れたことや建築資材の高騰などにより、徐々に資金繰りを悪化させ今回の措置に至ったようです。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

関連記事

「国内倒産」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事