不景気.com > 買収合併 > AIGが丸の内の本社ビルを1000億円で売却へ

AIGが丸の内の本社ビルを1000億円で売却へ

AIGが丸の内の本社ビルを1000億円で売却へ

アメリカの保険大手「AIG」(アメリカンインターナショナルグループ)の日本法人が所有する本社ビルを約10億ドル(1000億円)で売却する方針であることが関係筋の話として明らかになりました。

アメリカ政府より公的資金による支援を受けているAIGは、その返済をするために資産の売却を進めており、日本法人の本社ビルも以前より売却の準備をしていましたが、金額が明らかになったのはこれが初めて。

AIGビルディングは千代田区丸の内の一等地にあり、皇居近く、パレスホテルの裏側に位置する同社の象徴とも言えるビル。

売却先は明らかにされていませんが、関係者の話によると日本の保険会社になる見通しとのことです。

近隣では、朝日生命保険が同様に本社ビルの売却を決めており売却額は500億円。こちらも資産整理の一環としての売却のようです。

米AIG、日本法人の本社ビルを10億ドルで売却へ=WSJ | Reuters

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事