不景気.com > 不景気ニュース > 週刊不景気ニュース4/12、「カナサシ」やネット系買収など

週刊不景気ニュース4/12、「カナサシ」やネット系買収など

週刊不景気ニュース4/12、「カナサシ」やネット系買収など

4/5から4/12日までの一週間に起きた不景気なニュースを中心に総括します。

徐々に景気の底打ち感が見られ始めているようで、日経平均もほぼ連騰の一週間となりました。今後は、年度末に本決算をむかえた企業の決算発表を見据えての動向に注目が集まります。

そんな中、相変わらず倒産に追い込まれる企業も多く、静岡の造船「カナサシ重工」は負債総額200億円以上を抱えての倒産を公表しました。

特に新卒の内定者に対して入社式前日に内定取り消しをするなど内外に悪い印象を与えてしまったことに加えて、一時は内定取り消しを撤回、その後、倒産を発表しすべて白紙に戻されるなど対応も二転三転。

海外ではドイツの自動車メーカーでカルマンギアなどの名車を世に送り出した「カルマン」が会社更生法の適用を申請しました。自動車産業の深刻ぶりを露呈した格好です。

また注目されるところでは、ドコモが「ショップジャパン」を運営するオークローンを買収、ヤフーはUSENからインターネット動画配信「Gyao」の株式51%を取得するなどインターネット関連の買収・提携が発表されました。

今後もインターネット通販は成長の伸び白があるので、携帯の最大手が参入ということで業界の勢いが加速するという見方もできます。

一方、インターネット動画配信はコストが掛かりすぎて儲からないというのが定石になっているところに、日本一の集客力を誇るヤフーが本腰を入れて取り組み始める、ということで注目が集まります。

その他、08年度の上場企業倒産件数が戦後最多の45件に上ることが明らかになり、「100年に一度」と言われている今回の不況がより現実味を帯びてきた結果となりました。

関連記事

「不景気ニュース」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事