不景気.com > 雇用問題 > トヨタが管理職9000人のボーナスを6割カットへ

トヨタが管理職9000人のボーナスを6割カットへ

トヨタが管理職9000人のボーナスを6割カットへ

トヨタ自動車は、同社の課長級以上の管理職約9000人に対して、夏のボーナスを6割程度カットする方針を明らかにしました。

自動車産業全体で業績が悪化する中、人件費などの固定費を削減して業績への影響をなるべく抑えようとする様子が伺えます。

日経新聞(電子版)によると、管理職賞与の他にも、2009年3月期分の役員賞与がゼロとし、組合員の平均賞与を26%削減することで労使と合意しているとのこと。

世界的に見ると、「ブラジル」や「中国」など一部の地域では自動車の販売が回復傾向にありますが、大きな市場である北米の回復には時間が掛かりそうで、同社業績の急速な回復を望むことは、まだ難しそうです。

NIKKEI NET(日経ネット):トヨタ、管理職の夏季賞与6割減 固定費削減を加速

関連記事

「雇用問題」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事