不景気.com > 国内リストラ > 東芝が白物家電事業で工場閉鎖や雇止め、中国に移管も

東芝が白物家電事業で工場閉鎖や雇止め、中国に移管も

東芝が白物家電事業で工場閉鎖や雇止め、中国に移管も

東芝は「白物家電事業」の合理化を進めるために、工場閉鎖や従業員の雇止めなどのリストラを行うことを明らかにしました。

日経新聞(電子版)によると、対象となるのは東芝子会社「東芝ホームアプライアンス」の愛知工場で、洗濯乾燥機などの大物家電は中国広東省の生産子会社へ、IHクッキングヒーターなどの小物家電は同社子会社の新潟「東芝ホームテクノ」にそれぞれ移管されるとのことです。

その他、開発の1拠点も閉鎖される予定で、それら工場・施設に関わっていた従業員のうち、正社員720人は配置転換などで対応、派遣社員150人(3月末時点)は雇止めになるようです。

東芝では、外需に影響されやすい「半導体」や「電子部品」などのハイテク分野のみならず、白物家電事業でも赤字に陥っており、早急な経営改善策が必要と見られています。

NIKKEI NET(日経ネット):主要ニュース-各分野の重要ニュースを掲載

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事