不景気.com > 買収合併 > 三井住友が日興コーディアル買収の優先交渉権獲得

三井住友が日興コーディアル買収の優先交渉権獲得

三井住友が日興コーディアル買収の優先交渉権獲得

三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)が、シティーグループ傘下の「日興コーディアル証券」買収の優先交渉権を獲得する見通しであることが明らかになりました。

アメリカの金融大手で経営再建中のシティグループ(CITI)は、子会社などを含めた同社の資産整理を進めており、傘下の「日興コーディアル証券」、「日興アセットマネージメント」の売却先を選考していました。

日興コーディアル証券の買収に名乗りを上げた国内メガバンク3行のうち、三井住友が最高値の5000億円程度で入札し優先交渉権を獲得する模様。日興と関係が深いと言われていた「三菱UFJフィナンシャルグループ」(MUFG)とは数百億円の差があったとのことです。

買収が現実になった場合は、三井住友と提携関係にある大和証券との協業が予想され、預かり資産ベースでは首位の野村證券を抜いて国内1位になると見られ、今後の業界再編につながる可能性もあります。

日興コーディアル買収で三井住友が優先交渉権...野村に並ぶ連合へ : (読売新聞)

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事