不景気.com > 買収合併 > 昭和シェルが日立からプラズマ工場買収へ、太陽光へ転用

昭和シェルが日立からプラズマ工場買収へ、太陽光へ転用

昭和シェルが日立からプラズマ工場買収へ、太陽光へ転用

昭和シェル石油は、日立製作所が所有するプラズマパネル工場を買収する方向で検討していることが明らかになりました。

日経新聞(電子版)によると、買収が合意した場合にはプラズマパネルを製作する施設を「太陽光発電パネル」用に転用する予定。

太陽光発電パネルは、プラズマディスプレイパネルの製作工程と非常に似ているということで、家電販売が落ち込むなかで新しい活用法を見出すものとして脚光を浴びそうです。

買収の対象となる工場は「日立プラズマディスプレイ」の宮崎事業所で、従業員も引き継ぐ予定とのことです。

NIKKEI NET(日経ネット):昭和シェル、プラズマパネル工場を日立から買収へ

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事