不景気.com > 買収合併 > 「新生銀行」と「あおぞら銀行」が統合交渉へ、合併も視野

「新生銀行」と「あおぞら銀行」が統合交渉へ、合併も視野

「新生銀行」と「あおぞら銀行」が統合交渉へ、合併も視野

新生銀行」(旧長期信用銀行)と「あおぞら銀行」(旧日本債券信用銀行)が経営統合を目指して交渉をしていることが明らかになりました。

経営統合が実現すれば、総資産額で国内6位の大手行が誕生することになります。

世界的な景気後退により保有資産が目減り、両行とも2009年3月期通期決算は最終損益が赤字に転落する見通して、業績を回復させるために経営統合を模索しているようです。

今後の行方は両行の筆頭株主で投資ファンドの「JCフラワーズ」(新生銀行株主)、「サーベラス」(あおぞら銀行)の意向次第で、それぞれの対応によっては交渉決裂になる可能性もあるようです。

「新生銀、あおぞら銀が統合交渉」:イザ!

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事