不景気.com > 景気対策 > 積水ハウスが太陽光発電導入の割引制度、普及目指す

積水ハウスが太陽光発電導入の割引制度、普及目指す

積水ハウスが太陽光発電導入の割引制度、普及目指す

住宅最大手の「積水ハウス」が、太陽光発電システムを導入する場合に独自の割引補助を5月から始めることが明らかになりました。

対象となるのは同社で新築と立て替えを行う顧客で、出力1キロワット当たり13万円を割引する。国の導入補助金1キロワット当たり7万円を加え、1キロワット当たり20万円の割引が受けられることになります。(一般的な住宅用太陽光発電システムは3キロワット発電で200万円前後)

また、地方自治体で割引を行っているところもあることから、それらを利用するとさらにやすく導入することが可能となり、普及に向け大きな弾みがつくことが予想されると共に、住宅販売の増加を目指すようです。

今回の施策が注目されれば同業他社も追随することも考えられ、太陽光発電のより一層の普及に繋がるかもしれません。

NIKKEI NET(日経ネット):積水ハウス、太陽光発電で独自に値引き制 公的補助加え半額も

関連記事

「景気対策」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事