不景気.com > 国内リストラ > パナソニック電工が就業時間延長で実質賃下げ、赤字転落で

パナソニック電工が就業時間延長で実質賃下げ、赤字転落で

パナソニック電工が就業時間延長で実質賃下げ、赤字転落で

パナソニック電工は残業手当などの人件費を削減するために、操業時間を20分延長して8時間にすることを明らかにしました。

対象となるのは正社員約1万2000人で、4月11日から半年間の時限的措置。半年後の業績回復具合によっては続ける可能性もあるようです。

また、役員・役職報酬の削減も依然同様に引き続き行われ、役員が25%、役職者が10%-15%の報酬カットになります。

パナソニック電工は合わせて決算見通しを発表。それによると、当期純利益が前回予想の50億円の黒字から一転、140億円の赤字に転落する見通しとのことです。

http://panasonic-denko.co.jp/corp/ir/financial/setsumei/pdfs/103_rf.pdf

半年間"賃下げ"...パナソニック電工が就業時間を延長 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

関連記事

「国内リストラ」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事