不景気.com > 買収合併 > 自動車部品「マグナ」もオペル買収検討、フィアットと綱引き

自動車部品「マグナ」もオペル買収検討、フィアットと綱引き

自動車部品「マグナ」もオペル買収検討、フィアットと綱引き

オーストリア・カナダ連合の自動車部品メーカー「マグナ」が、GM傘下でドイツ自動車「オペル」の買収を検討していることが明らかになりました。

オペル買収に関してはイタリアの自動車最大手「フィアット」も興味を示しており、両社のどちらかが経営権を握ることが有力視されています。

ロイター通信(電子版)によると、同社はドイツ政府に出資計画の概要を提出したようで、投資家と共同でオペル株式の20%の取得を目指しているとのこと。

経営再建中で破産法適用の可能性もある親会社のGMが欧州事業の中心に据えていたオペルを手放すのは確実と見られており、買収先に関してはGMとドイツ政府の意向が強く影響するようです。

マグナ、オペル出資計画を提出=独経済技術相 | Reuters

関連記事

「買収合併」最新記事

カテゴリー

月別記事一覧

最新記事

アクセスランキング

注目記事